PAGE TOP

Sage Japan History
SAGE JAPAN沿革
history_img_1

2013.04.01 SAGE JAPAN設立

2014.03.22 第1回 SAGEJAPANCUP

2015.03.21 第2回 SAGEJAPANCUP

2016.03.20 第3回 SAGEJAPANCUP

2016.08.16 世界大会参加 inフィリピン

2017.03.20 第4回 SAGEJAPANCUP

2017.08.14 世界大会参加 inウクライナ

img SAGEJAPANの立上げから第1回SAGEJAPANCUP開催まで

 私たちSAGE JAPAN推進委員会は、第1回SAGE JAPAN CUP開催まで約1年半かけて準備を重ねました。まず、自分たちは何をしたいのか、それはSAGEで実現できるのか、徹底的に話し合いました。その中で私たちは「持続的に社会貢献を行う枠組み作りをしたい」と考え、SAGEを日本で立ち上げることこそ最善のアプローチであることを皆で確認しました。

 続いて、社会にとってSAGEが価値ある活動であることを証明するために、学内でアンケート調査を行いました。集めたデータをもとに高校・大学・企業様へ訪問し、大会参加者を募りました。訪問資料として、大綱、パンフレット、ホームページ等すべて自分たちで作成しました。

 第1回大会は、5名の大学生サポーターと2校の高校が参加してくださいました。5ヶ月間毎週1回大学生サポーターが高校へ訪問して、高校生の興味ある問題について話し合いました。また、社会人を交えたセッションを開き、ボランティアの意義について語り合いました。

 活き活きと事業案を考える高校生の姿は、大学生サポーターの刺激に、また高校生にとって大学生サポーターは良きロールモデルになり、お互いに学び合いがありました。

第1回大会は、メディア報道陣6団体をお呼びして盛大に行われました。

 大会までの1年半、前例がない取り組みだったため、予想もしない課題に直面することも多々ありました。その度に、何のために自分たちはSAGEを日本で立ち上げるのか「日本の未来を良くするため」「高校生の成長のため」という目的を確認し、皆で鼓舞し合いました。

 以上の背景によって、SAGE JAPANは立ち上げられ今日まで続いています。今後も「社会をより良くするために、挑戦し続ける」という創設時の想いを根本に、さらなる発展に挑戦してまいります。

history_img_3

世界各国のSAGEに参加した学生やスタッフから、SAGE JAPANや日本の学生に対するメッセージです。

日本が世界大会に参加することを歓迎し、また期待してくれています。