PAGE TOP

What is Sage World Cup?
世界大会概要

SAGE GLOBAL CUP(世界大会)は、2003年から行われているSAGEの大会で、各国の代表が集まりプレゼンテーションを行います。

SAGEは発足時から毎年大会が開催されており、現在では約27ヶ国(アメリカ、中国、韓国、ロシア等)がこの取り組みを実践してます。      

  なお、SAGEGlobalが求めるアントレプレナーシップに基づいた高校生の実践は、以下の2つの分野に分けられます。

 ●SEB(Social Enterprise Business=社会問題の解決を目的としたビジネス)
 ●SRB(Socially Responsible Business=社会貢献を意識した利益目的のビジネス)

 SAGEGlobalでは、各国の代表参加チームがこのSEBあるいはSRBにおける実践をプレゼンテーションし、優れた実践を顕彰しています。

GLOBAL

詳細はSAGE Global (http://www.sageglobal.org/) ※英語
2014年はロシアで開催され、2015年では韓国、2016年はフィリピン、2017年はウクライナで開催予定です。

■日本における世界大会出場の条件は以下の通りです。

  • 1. SAGE JAPAN CUPにて1位を獲得した。
  • 2. 大会期間中引率する監督者がいる。
  • 3. 高校や家族からの渡航許可が下りている。
  • 4. 渡航のための費用(航空券、海外旅行保険等)を負担することができる。
  • 5. 英語のプレゼンテーション・年間レポートを作成することを理解している。
  • 6. 英語でプレゼンテーション・発表を行うことを理解している。
  •  (発表はすべて英語で行いますが、語学力の有無が審査の対象になることはないものとされています)

*大会期間中の生徒の監督は、高校教員、保護者等引率者に責任を持って行っていただきます。
 大会参加中のトラブルにつきましては、SAGE JAPAN推進委員会は責任を負いません。
* 世界大会までの発表準備につきましては、大学生サポーターならびにSAGE JAPAN推進委員会が支援します。

*これまでの世界大会では、滞在中の一部の費用(宿泊費、食費等)はSAGEGLOBALから提供されていますが、毎年確約されているものではありません。